トラブルシューティングQ&A

以下のトラブルシューティングやよくある質問が登録されています。

MOTコレクション

アイスミュール

▼ どのくらいの間保冷できますか?

氷と内容物を2:1の割合で入れていただくことで、24時間以上の保冷を可能にします。
なお、ロールダウンが適切にできていない場合や直射日光に晒され続ける場合、空気が十分に充填されていない場合はこの限りではありません。また他のクーラー同様、開閉頻度が多い場合や熱気がクーラー内に入る回数が多くなる場合はこの限りではありません。

▼ ドライアイスを入れてもいいですか。

ドライアイスはクーラー内部の生地を破損させてしまいます。また、ドライアイスを入れて起こるいかなる問題に関しても保証を受けることができませんのでお気をつけください。

▼ 各クーラーは何kgまで耐えることができますか。

約30kgまで耐えることができます。

▼ 正しく閉じるにはどうすればいいですか。

ほとんどのICEMULEクーラーは、特許取得済みの断熱防水システムを採用しているため、ジッパーがなく簡単に開閉することができます。開閉方法は、入れ口をロゴに向かって2〜3回しっかり折りたたみ、バックルを後ろ方向にクリップします。この時入れ口は丸めずしっかりと折りたたんでください。

▼ エアバルブはなぜついているのですか。

ICEMULEのエアバルブは、保温したいものと外気の間に空気の層をつくり、断熱効果を強化するためについています。ただし、風船のようにパンパンに空気を入れすぎてしまうと、保温空間の容量が少なくなってしまいます。お使いいただくうちに絶妙なバランスを掴んでいただけると思います。

▼ 洗い方を教えてください。

常に最適なパフォーマンスを維持するためには、適切なメンテナンスが必要となります。内部に氷を保管しただけの場合(食材や、飲み物をこぼしていない場合)は、中の氷と水を捨て、ICEMULEを上下ひっくり返して乾燥してください。クーラー内に、食材や飲み物がこぼれた場合は、カビが繁殖する可能性が有るため、クーラー内に数滴の液体洗剤(食器用洗剤など)を入れて洗浄し、しっかりと乾燥してください。

▼ 保管方法を教えてください。

カビの発生を防ぐためにクーラー内を乾燥し、直射日光を避けてて保管してください。

▼ 本当にICEMULEは水に浮きますか?

もちろんです。クーラー内に氷やビールがぎっしりと詰められていても、入れ口がきちんと閉じられていればICEMULEは水に浮きます。

▼ ICEMULEはどのように作られていますか?

ICEMULEは、品質と強度、そして使いやすさに重点をおいて製造されています。その結果、ICEMULEクーラーは強く耐久性に優れ、持ち運びに優れた製品となっています。ICEMULEの防水生地には高周波溶接と呼ばれる手法が採用されています。これは、生地同士を結合することで、縫い目のない生地をつくりあげる手法です。
また、ICEMULEのクーラーには一般的なソフトクーラーに使用される内部構造よりも3倍の厚みがあり、外側の防水生地には大変丈夫な素材が採用されています。特にプロクーラー、ボスの外側の生地には1000デニールのターポリンを採用しているため、市場で最も丈夫でソフトなクーラーとなっています。

Back