インタビュー

Interview

容量の大きいものが登場し、食材管理がしやすくなりました。

山やカヤック、サイクリングなど野外で料理をすることが多く、ツアー中のクライアントへの食事や雑誌等の誌面での新しいレシピの提案を主な生業としているアウトドアコーディネイターです。食料や調味料をアウトドアへ気軽に持っていける容器で、コレっていうのは意外とこれまでなかったんです。ゴースタックと出会ってから格段に食料や調味料を携行しやすくなりましたね。スパイスやハーブはもちろん、液体まで幅広く携帯できるほど密閉性が高く、バックパックの中へ強く押し込んでも中身が漏れる心配がありません。複数の容器を連結して、細長くできるのがいいですね。バックパックやカヤック、自転車用のバッグなどへパッキングがしやすいんです。たとえば、カヤックに荷物を積むときは、船先と船尾から荷を詰めていくのですが、ゴースタックなら連結して隙間へ突っ込めます。上部にハンドルをつけておけば、スムーズに押し込んだり、引き抜いたりもできます。

 カラフルなカラー展開もいいですよね。白は砂糖、塩。黒は和の調味料。赤はホット系のスパイス。というふうに色で中身を分けてしまえば、ひと目で使いたいものを手が手に取れて、調理がはかどります。

 容器のサイズは4種類(40cc、60cc、100cc、150cc)あるので、必要なモノを、必要な量だけ持っていけます。たとえば、醤油とかオリーブオイル、ごま油などは出発前夜に家の大瓶から必要な分だけ入れ替えてパッキングしたりと。哺乳瓶などに使われる素材、コポリエステルを採用し、食品安全面にも配慮している点もいい。ツアーなどでクライアントへ料理を提供するので、これは非常にうれしいポイントです。かつ耐熱性、耐久性が備わっているから多少荒く扱ってもタフだから問題なし。また、スパイスなどを入れても色移りしにくいというのもいいですね。

 もう少し容量が大きいモデルがあるといいのに! と去年この場で主張したら、容量の大きいプロスタックが登場しました(笑)。プロスタックのおかげでアウトドアでの食材管理が楽になり、トマトや卵などは保護しながら持ち運べます。小麦粉や塩、コーヒー豆など容量が多くなる調味料や嗜好品にもマッチしていますね。プロスタック同様、連結して収納できるのもいい。要冷蔵の食材は、プロスタックに入れたままそのままクーラーボックスに入れてもオッケー。容器のバリエーションが増えたことで、アウトドアでの食材の管理がしやすくなりました。

 プロスタックが空になったら、食事をする器や飲み物を飲むコップにもなったりと、コンテナ以外にもいろいろ使えそうです。

 ここでリクエストすると、実現するジンクスがあるので言っておきます。現在のラインナップに加えて、パスタやうどんなどの乾麺を入れられるロングモデルやもっと大きな直径のモデルが登場したらいいのになー。(笑)」

食材と調味料を小分けしたプロスタックとゴースタックを広げ、レッツ・クッキング!
要保冷の食材は、ブレンダーボトルごとクーラーボックスにいれてもオッケー。

小雀陣二(こすずめ・じゅんじ)

アウトドア雑誌やテレビなどのメディアで活躍するアウトドアコーディネイター。アウトドア料理から最新キャンプシーンの演出までなんでもこなす。その傍ら、神奈川県三崎町で飲食店『雀家 suzumeya』を営む。近著に『おかわり!山グルメ』(エイ出版社)などがある。

Back