サポーターズ

モチヅキ・ハーケン使用レポート
サポートガイド 佐藤 裕介

日本で行われるアクティビティの中でも最もハーケンの使用頻度が高いのが沢登りだ。
人跡まれな険しい沢に私は日常的に踏み込み、自分の命を守る砦としてハーケンを何度も打ち込んでは、抜いてきた。人生で一番打ってるハーケンはモチヅキのクロモリハーケンAだ。
リスが途切れがちであっても極細の厳しいセクションではいつもクロモリハーケンAが助けてくれた。先細りの絶妙な形状が特徴で、一見ハーケンを受け付けてくれなさそうなリスにもなんとか入り込んでくれた。クロモリハーケンBSやVSも多用していてこれらが、がっちりと差し込まれれば安心感は抜群だ。
台湾の大ゴルジュ、パキスタンのビックウォール、インドのミックス壁など厳しい場面でいつもモチヅキのハーケンが私達を守ってくれてきた。これからも、大事なトライをいつも支え続けてくれることだろう。

Back